悪癖競走馬研究所

その馬、本当に買って大丈夫? その馬の悪癖はちゃんと知ってる? 悪癖を持つ競走馬を知れば競馬はもっと楽しくなる。月曜日は雑談を書いています

日曜日の回顧①(10月18日)

18日、日曜日の回顧になります。

【東京8レース】

前3F35・2 後3F35・8 M。

1着ププッピドゥ、逃げ切り。ソラを使う馬だけに最後まで追われる。

2着には4馬身差。いい逃げっぷり。

2着サノハニー、ゲート少し悪い。道中後方。34角を2頭分目。

直線は8頭分目で一頭後方から伸びてきた。

浦和で勝ってきた馬だから、これだけやれるとは意外。

4着ロブラリア、道中後方。4角最後方。34角は3頭分目。

直線は12頭分目。良い伸び脚は見せた。2着馬からコンマ2差。

6着トリッチトラッチ、道中中団後方。34角を2頭分目。

やたら揉まれこんだ。直線は前に乗っかるような感じで進路に窮ずる。

外に出して伸びた。スムーズならもう少し上があっただろう。

【東京10レース】

前3F34・8 後3F36・3 H。

1着ヨハン、道中中団。最内で進める。直線も最内。

直線3頭分目で進め進路がなくなり、外に強引に出した。

ゲートが少し悪かった。

2着アイアムハヤスギル、道中中団。勝ち馬の1列前に。

34角を2頭分目。直線は7頭分目。いつの間にか

勝負所で勝ち馬が前にいた。伸びてはいるが。

3着イメル、道中3番手。34角は3頭分目。直線は4頭分目。

残り200で先頭に立つ。そのまま押し切りを図るが、

交わされてしまった。それでも勝ち馬からコンマ2差。

このクラスでも十分やれる。

13着バーンフライ、押して押してハナへ。まさかの逃げ。

直線は残り400で並ばれ徐々に失速。

【東京11レース】

5F59・1 M。

2着パンサラッサ、逃げた。直線は最内。勝ち馬と併せ馬。

長い間2頭のたたき合い。交わされてもずるずる後退せず。

9着インビジブルレイズ、道中後方。34角を3頭分目。

直線は10頭分目。伸び脚はもうひとつ。

内から抜かされていたし。

11着ロシュフォール、ゲート出た。位置取れて道中中団。

34角は2頭分目。直線は6頭分目。残り200から

伸び脚がない。これからという時にエンジンがかからなかった。

三浦騎手「馬場も気にしていなかったし状態も流れもよかったが」。