悪癖競走馬研究所

その馬、本当に買って大丈夫? その馬の悪癖はちゃんと知ってる? 悪癖を持つ競走馬を知れば競馬はもっと楽しくなる。月曜日は雑談を書いています

【金沢】白山大賞典・予想【JPN3】

まずは中央馬の悪癖データから。

エルデュクラージュ、嫌気さす、小回り×、集中力に課題、ズブさあり、

揉まれ弱い、砂被りダメ、テンションに課題。

ロードゴラッソ、ズブさあり、折り合い不安、被されるとダメ。

ロードレガリス、気性難、幼さあり、ブレーキかける、揉まれ弱い。

ヒストリーメイカー、少し力む、折り合い不安。

マスターフェンサー、悪癖なし。

スケールだけなら、ロードレガリスから買いたいが、

前走で気持ちが向かなかったら凡走するという脆い面を示した。

武騎手に戻ってスムーズに運べれば一変はあるだろう。

エルデュクラージュがハナに行くと予想。

小回りはあまり得意でないのと、砂被りも揉まれるのも苦手。

となると、ハナに行って小さく周りたい。

マスターフェンサーが乗りやすさという面では最右翼。

東京でエルデュクラージュを2戦続けて捕まえられずに負けてるので

それは、川田騎手も頭に入っているだろう。仕掛け遅れはないはず。

あとは2100持つかどうか。

右回りだとダメということでもない。本命はこの馬。

ロードレガリスを相手一番手にしたいが、気性面の悪さを出して凡走

の可能性はゼロではない。

馬連でマスターFから中央馬4頭に流す。

ロードゴラッソも地方の小回りで良績あるし。

ヒストリーメイカーも前走は騎乗がアレだっただけで、

反省してちゃんと乗れば一発あってもおかしくない。

ただ、畑端騎手は今年まだJRAで一勝もしていない。。。

万全を期すなら、◎一頭軸の3連複、相手4頭のFで。

【おまけ 船橋メイン 千葉ダートマイル】

なんてことはないオープン戦に南関最強馬登場とは・・・!

◎モジアナフレイバー。ここは負けたらいかんでしょう。

相手はスウィングビート。

中央時は折り合い欠いたり、ズブかったり、砂被るとダメだったり

そういう悪癖もあり、中山1800走った時に

鞍上が「コーナー4つに慣れてないのが・・・」と語っていた。

不安な面もあるけど、モジアナ以外の相手ならなんとかなりそう。

地方の砂が向かないという可能性も当然あります。

近走は芝で負けてたけど、ダートの方がいい馬だから。

少しスケベになって 頭⑧で ⑤⇔①④⑥⑦ 3連単8点で。

【定期】9月の3歳馬成績【分析】

定期の「3歳馬の成績分析」です。

対象にしているのは「2勝クラス以上」の全レースです。

2勝クラス以上は全てひとくくりにしています。

3勝クラス、オープンと分けて分析はしていません。

9月は3日間開催もありサンプル数は前月同様多め。

8月勝率.140 連対率.280 複勝率.360

9月勝率.172 連対率.323 複勝率.434

6月からのトータル勝率.166 連対率.295 複勝率.379

こんなん出ました。

総じて8月よりも数字が上がりました。

3歳馬の成長が如実に数字に出てきたのか、秋になり

有力3歳馬が休みを経て動き出したというのもあるでしょう。

ちなみに、1勝クラスの勝率は、前月.714でしたが、

今月は.776と大幅アップ。6月からのトータルは.709。

1勝クラスは3歳馬を買え! です。

割と高値なんで、数字上は近いうちに天井を打つ可能性はあります。

ハンデ戦ももう勝負になっているんで、世代を意識しないでも

いい時期になっていると思います。

京成杯オータムHのスマイルカナとか勝負になってましたからね。

まあ、スマイルカナの場合は馬の力があると思いますが。

月曜日の回顧①(9月21日)

先週の月曜日の回顧になります。

【中京10レース】

前4F46・9 後4F46・4 M。

1着クリスティ、向正面中団。外で追走していたが掛かった。

先団に進出。34角を4頭分目。直線は5頭分目。

掛かったけど、そのまま押し切る。半馬身差以上に強い。

6着ラストヌードル、道中後方。34角を4頭分目。

直線を8頭分目。伸び脚は見せていたが前も止まらず。

10着メイケイハリアー、道中先団。外から勝ち馬がかかった時

少しつられて行った。34角を5頭分目。直線は6頭分目。

伸び脚なく。状態ももうひとつだったか。

【中京11レース】

前4F48・1 後4F51・4 H。

1着ダイアナブライト、道中中団後方。前に馬がいたので砂は

被っていたはず。34角は2頭分目で、4角で外に。

直線は8頭分目。長くいい脚を使って勝った。展開も向いた。

前走は芝で大敗。ダートでまた走りが一変した。

3着ニューモニュメント、最内。ゲートは出た。中団後方。

34角も最内。直線は2頭分目。早めに抜け出し先頭に。

ゴール前で外から2頭に差された。内容的には強い。

ズブさも見せず。34角でしっかり反応していた。

6着ツブラナヒトミ、半歩遅れる。ニューモニュメントの真後ろ。

34角もそのまま。直線で進路を3頭分目に切り替えるのに

少し手間取ったが、あまり影響なし。そのままバテずに、

前との差は詰まらなかったが、それなりの脚で流れ込んだ。

11着タイサイ、道中外で追走。中団。34角を4頭分目。

ただ、バテたメイショウソテツを交わすのに、6頭分目で交わす。

直線は5頭分目。伸び脚はなく、だいぶ差がついた。

12着ショートストーリー、行き脚つかず最後方。

34角を5頭分目。ここでもうムチが入る。直線は12頭分目。

異様に大きく周っていた。展開的にはもっとあってもよかったが

伸び脚も目立たず。

16着メイショウソテツ、メイショウラケーテ、アスターマリンバ

3頭で競るかたちに。この3頭で後続を離すハイペース。

3角でもう一杯に。勝ち馬から7秒6差という大敗。

武騎手「折り合いを欠いた。道中もコーナーも外に逃げていた」と。

日曜日の回顧②(9月20日)

【中京9レース】

5F60・7 S~M。

2着フライライクバード、道中中団前。3角で進出。

34角は4頭分目。直線は勝ち馬のアリストテレスを目掛けて。

10頭分目で併せる感じ。アリストテレスに外に張られる。

追い負けした感じも、相手が強かった。

福永騎手「脚は残っていたけど、集中力が途切れた感じだった」。

3着ヒートオンビート、道中中団。34角は4頭分目。

直線は8頭分目。上2頭とは差がない。

4着ダブルフラット、道中後方。34角を2頭分目。

直線は6頭分目。伸び脚は見せたが、3着馬と5馬身差。

ルメール騎手「ずっと同じペースで走っていた」。

5着トウカイデュエル、道中中団。34角を3頭分目。

直線は5頭分目。伸び脚はいまいち。

秋山騎手「ペースが上がるとついて行けませんでした」。

8着カズマークセン、道中最後方。バテたメイショウテンモンを

交わしたのみ。みどころなし。

【中京10レース】

前4F46・0 後4F46・8 M。

1着シュリ、道中先団。34角は2頭分目。4角過ぎで早々先頭。

直線は6頭分目。そのまま押し切る。力みは見られた。

3着フィニフティ、道中先団。シュリの外にいた。34角3頭分目。

その時点で手応えがシュリに劣る。直線は5頭分目。

手応えのわりに最後までバテなかった。

5着ルーカス、道中後方。34角を5頭分目。3角から進出。

直線は10頭分目。直線で内にもたれていた。折り合いはついていた。

7着カイザーミノル、道中先団外。テンは少しスピードに乗れず。

34角は3頭分目。直線は9頭分目。伸び脚なく。

【中京11レース】

5F60・9 S~M。

1着リアアメリア、道中2番手。最内から位置を取りに行った。

34角を2頭分目。直線向いて早々に先頭。最内で伸び脚衰えず。

2着ムジカ、道中中団後方。34角を3頭分目。直線を6頭分目。

前のスペースが空き、そこから伸びてくる。コース取りが良かった。

3着オーマイダーリン、道中中団後方。34角は最内。

ここで上げていく。直線は2頭分目。早めに仕掛けて最後鈍ったが、

それでも粘った。スタートで少し遅れたので、ポジションが悪く。

4着デゼル、出脚鈍く後方から。外々で周る。34角は5頭分目。

直線は11頭分目大外。上り最速で追い込んでくるも届かず。

3着とはクビ差。能力はあるんだろうけど位置を取れない弱みが。

5着クラヴァシュドール、道中中団。怯む面を考慮して外々で。

34角は4頭分目。直線は8頭分目。ゴール寸前で後続に差される。

デムーロ騎手「坂で止まった。久々の分もあったと思う」。

【中京12レース】

前4F48・8 後4F 50・1 H~M。

1着ペオース、逃げた。キタサンチャンドラに着いてこられたが、

上りも最速でまとめて5馬身差。強い。良馬場で結果出たのが収穫。

松山騎手「道中ずっと余裕があった」と。

14着ベルジュネス、12角で大きく膨れる。道中中団後ろ。

34角4頭分目。4角でも大きく膨れる。直線は9頭分目。

見どころなく。コーナリングが下手なのか、左回りがダメなのか。

新潟で結果は出ているから・・・。

15着ヴォルスト、スタートしてガシガシやられて前に行くが、

向正面では中団前。向正面でも手応え悪く、3角でもムチが。

34角を5頭分目で周り、直線は8頭分目も失速で大敗。最下位。

砂は被っていなかったが、去勢手術明けでデキいまいちだったか。

日曜日の回顧①(9月20日)

【中山9レース】

前4F49・5 後4F51・2 M~H。

1着キタノオクトパス、ゲートで立ち上がり出遅れ。

道中後方。3角で動いて行き、34角を5頭分目。

直線は6頭分目。捲り切って、最後は2着に5馬身差。完勝。

9着ヴォートルエロー、道中中団前。先団とは差が開いていた。

34角は3頭分目。直線は5頭分目。伸び脚なく失速。

12着シゲルタイタン、逃げた。4角出口でもういっぱい。

失速し大敗。1~3着が後ろから来た馬で、ペースも速かったか。

横山武騎手「中山の起伏のあるコースはよくないのかも。

現状は平坦のローカルがあっている」と。

中山で勝ちもあるからなあ・・・ペースじゃないかなあ。

14着フィストバンプ、道中中団前。最内で進める。

34角は2頭分目。手応え怪しく。直線は伸び脚なく見せ場なし。

【中山10レース】

前4F46・6 後4F48・0 H。

3着ピーエムピンコ、道中先団。最初は前を追いかけていたが、

少し引いた。ペースを鑑みてか。34角は3頭分目。

早めに動いて行き、直線は4頭分目で押し切りを図る。

しかし、4頭分目から9頭分目にヨレて行った。

ゴール前で2着馬に交わされた。勝ち馬からはコンマ1差。

6着サクラユニヴァース、道中先行。34角は最内。

直線は6頭分目。伸びなく。見せ場なし。

7着ソスピタ、道中先行。向正面で少し位置を上げる場面あり。

34角は3頭分目。直線は4頭分目。もう一押しがなく。

柴田騎手「敗因がわからない。パドックでチャカつくのはいつも。

4角でまったく反応がなくなった。左回りのほうがいいのかも」。

【中山11レース】

前4F49・2 後4F50・0 M。

3着バレッティ、道中先行。4番手。最内。外から寄られていた。

34角は最内。直線は4頭分目。一瞬手応えが良かったが、

そこからの伸びはなく、粘り込むかたち。4着馬の急追は凌ぐ。

12着コンカラー、12角を4頭分目、道中中団前。

34角を4頭分目。直線でまったくいいところなく後退。

ここまで負ける馬ではないと思うが・・・。

13着ダノンテイオー、スタート少し悪い。そのまま後方から。

34角は5頭分目。直線は9頭分目。まったく伸びなく。

これも、ここまで負ける馬ではないと思うが・・・。

15着ランフォザローゼス、道中後方。34角は2頭分目。

そのまま後方で力尽きる。初ダートだったから向いてなかったか。

土曜日の回顧(9月19日)

【中京10レース】

前3F34・2 後3F37・6

3着グランマリアージュ、道中先行。34角を最内。

4角で前に3頭いた。直線は4頭分目。外に出して、

危ういかなというなか、最後にひと伸びで4着馬を交わした。

福永騎手「砂を被って頭を上げたり、外に逃げようとしていた」。

落ち着きはあった。

7着コラード、落ち着きあり。道中最内で先団。34角最内。

直線は一気に6頭分目に出して追う。伸び脚はいまいち。

8着メイショウヒバリ、道中2番手。砂は一切かぶらずに進めた。

直線で伸びを欠き失速。ハナに行った馬は2着なので、

ペースが敗因ではない。ハナに行かないとダメなタイプなのか?

12着レジェモー、落ち着きあり。道中先団。34角は2頭分目。

直線は3頭分目。34角でスピードに乗れてない感じ。

もしかしたら左回りが影響したのかも。

【浦和】テレ玉杯オーバルスプリント・回顧【的中】

前3F34・6 後3F39・3 H。

1着サクセスエナジー、ノブワイルドをめぐってベストマッチョと追う形。

内のベストマッチョと3角手前で進出。34角ではベストマッチョより

手応えが良くもったまま。直線で抜け出すと貫禄の押し切り。

58キロで余裕残しの仕上げでこの勝ち方。

終わってみれば、面子に恵まれていたとも言える。

2着ベストマッチョ、まさかの2番手取りきり。

こんなにダッシュ力あったっけ? 1角で口向きが怪しくなる。

外からサクセスエナジーに着いてこられる。3角で共に進出。

ノブワイルドを交わしたが、この時点で手応えが悪い。

それでも直線は粘りに粘って2着を確保。

砂を被らずに進めていた。それに浦和はやはり向いている。

3着ノブワイルド、発送前馬体検査。何かあったのかも。

出ムチをバンバン入れられ逃げた。3角で上2頭に交わされる。

惨敗か・・と思いきや、そこから下がらずに逆に直線で盛り返す。

偉い。ただの逃げ馬じゃない。

この馬にしてはペース的に飛ばし過ぎではない。丁度いい逃げ。

左海騎手「いつもより行きっぷりが悪かったが、盛り返して

力のあるところを見せた。暑い夏から急に涼しくなったのも

影響したかも」と。

4着サヴィ、まさかベストマッチョに先をとられるとは。。。

その後もトップウィナーの外につけていたが、行きっぷり悪く

後退してしまう。向正面では有力5頭のうち一番後ろ。

34角は最内で周り、直線は伸びてきてトップウィナーを

やっと交わす。夏場の疲れがあったのかもしれない。砂は被らず。

5着トップウィナー、ゲートで前足が浮き、若干後手を踏む。

これがよくなかった。前に行こうとするもムチを入れられる。

4番手の内に収まる。前との差があり砂は被らずにすんでいた。

ブラックジョーが外にピッタリつけてきたが、4角で振り切る。

それでも前のノブワイルドには届く気配がなく、後ろからサヴィに

差されてしまう。スタート後に外から来られるのもきつかったか。

和田騎手「嫌々しながらも以前より前進していた。出来はよかったので

外枠が欲しかった」と。