悪癖競走馬研究所

その馬、本当に買って大丈夫? その馬の悪癖はちゃんと知ってる? 悪癖を持つ競走馬を知れば競馬はもっと楽しくなる。月曜日は雑談を書いています

日曜日の回顧②(7月26日)

【札幌9レース】馬券あたり。

前4F49・8 後4F46・5 5F62・6 S。

1着レッドアルマーダ、道中逃げ。スローに落とし込み3角では

外から来られて揉まれてハナを奪われるシーンあり。それでも

コーナーリングで4角でハナを奪い返し、そのまま押し切る。

1勝クラスを2連勝していたように力は確かなものがあった。

2着ダディーズトリップ、道中勝ち馬の1列後ろで進める。最内。

34角で置かれることもなく、4角で前が開いた瞬間に外に。

直線は2頭分目で追い出され2着を死守。

3着の北海道馬に詰め寄られたが、前走と違ってソツのない競馬。

5着シャチ、ゲートは出た。しかし最後方に。向正面から3角に

向かうなかで一気に2番手に上がっていく。34角を3頭分目。

直線は伸び脚なく。スローで前半の位置取りがよくなかった。

【札幌10レース】馬券はずれ。

前34・0 後34・3 M。

1着ニシノドレッシー、道中中団。34角を3頭分目。直線5頭分目。

ジワジワ脚を伸ばしてゴール直前で先頭に立つ。

勝浦騎手「落ち着きも出てきた」。滞在の効果もあるのでは。

2着ロフティーピーク、道中中団後方。勝ち馬と同じような運び。

34角を2頭分目。直線は6頭分目。勝ち馬の後ろから脚を伸ばした。

向正面で少し持って行かれ気味になる場面はあり。

3着フォレブルート、大外枠からハナへ。ゴール寸前で交わされた。

休み明けだった分もあるのか。北海道はやはり走る。

4着アレス、道中先行。34角を3頭分目。直線は3頭分目。

よく走ったが、後ろからの2頭に交わされ、勝ち馬からコンマ1差。

横山武騎手「状態がもうひとつと聞いていた」と。

昇級、休み明けだし、それでこれなら上々だろう。次走注目。

5着コスモアンジュ、道中先行。34角を最内。直線は2頭分目。

前の3着馬との差が詰らない感じで流れ込む。

それでも昇級戦で走っている。