悪癖競走馬研究所

悪癖を持つ競走馬を知れば競馬は少しだけ楽しくなる。予想は少々。当たらなくても文句言うなよ!

サウンドトゥルーで思うこと

サウンドトゥルー、大井の金盃無事に勝ちましたね。

勝たないと川崎記念に出なかった意味がないですから。

金盃の1着賞金は川崎記念の2着相当(ちょい金盃が高い)

先日の川崎記念見ると2着くらいはなんとかなりそうだったし

ここは勝たなきゃ意味ないよ・・・ということで。

厩舎は船橋の佐藤厩舎。元中央オープン馬・リッカルドと同じなんだよな。

地方に転入する元・中央馬。どのくらいまで力をキープできるのかと。

調教施設は明らかに地方は劣るので、フィジカルのポテンシャルをできるだけ

保たなければならないわけで。上向くことは年齢なんかも加味するとまず無いわけですよ。

だからなるべく緩やかな右肩下がりのラインを描けるように。

最近じゃ川崎のディアドムスもそうだったけど、

リッカルドしかり悲しいかな段々と成績は落ちていくんですよね。

大井の藤田厩舎のように外厩で調整し牧場の坂路を使うなどすれば

キープあるいは中央時よりフィジカル的に上向かせることも可能なんでしょうが。

だから、船橋競馬場で追い切るサウンドトゥルー、いつまで南関の大将でいられるだろうかと。

そんな流れから、11日に行われる佐賀記念も注目です。

グレイトパール。

佐賀に移籍してまあ、メンツがアレですから流石に超余裕で勝ってます。

中央で急激にパフォーマンスを落とし佐賀に転入しましたが、

メンタル的には復活してるかもしれません。

今回はまだ、フィジカル面においては中央時代の「貯蓄」があると思います。

だんだんと佐賀の生活が長くなればなるほど力は落ちていくことでしょう。

少なくても今回は交流重賞でも人気になりそうですね。