悪癖競走馬研究所

その馬、本当に買って大丈夫? その馬の悪癖はちゃんと知ってる? 悪癖を持つ競走馬を知れば競馬はもっと楽しくなる。月曜日は雑談を書いています

【川崎】関東オークス・回顧【的中】

1着レーヌブランシュ、パドックでは落ち着きあり。

出して行って内で先行。

外から被されて内で砂を被りつつも大丈夫だった。ゲートも出ていい運び。

直線は前のアクアリーブルを交わして抜け出す。

松山騎手「少しズブいところがある」と。完勝だった。

2着アクアリーブル、逃げたアールクインダムをマークして2番手。

直線でアールを交わして先頭に立ったが、すぐに勝ち馬に交わされた。

それでも3着には4馬身差をつけた。気性難は前から言われていたが

矢野騎手「直線で遊ぶようなところがある」と。

南関ではおそらく一番強い牝馬だろう。今後も中央馬相手にやれるはず。

3着クリスティ、パドック落ち着きあり。

1周目の向正面で少し行きたがる。道中はレーヌの外で進める。

3~4角でレーヌに並んでいたが、直線入口で内からレーヌに交わされると

そこからはいっぱいに。それでも最後までフラつきながらも粘った。

少し距離が長かったかもしれない。

5着セラン、出遅れる。外5番手で進める。最後の3~4角も大きく周る。

直線は伸び脚なく。武騎手「地方の砂(良馬場)は合わないかも」と。

帰国後の馬体回復に努めたので、中身はいまいちだったのかも。

8着アールクインダム、パドック落ち着きあり。逃げた。

折り合いはついていたように見えた。

パドックでもテンションは大丈夫だった。直線向いていっぱいに。