悪癖競走馬研究所

その馬、本当に買って大丈夫? その馬の悪癖はちゃんと知ってる? 悪癖を持つ競走馬を知れば競馬はもっと楽しくなる。月曜日は雑談を書いています

土曜日の回顧①(5月23日)

【東京10レース】見。

前3F34.4 後3F34・3 M。

1着リリーバレロ、道中後方。3~4角で行きたがっていた。

それをなだめて我慢させて直線は6頭分目に。直線で伸びる。

レーン騎手「前走は久々でテンションが高かったが、

今日は落ち着いていた」。

2着トーセンリスト、道中中団。外で進める。3~4角で口を割る。

直線は4頭分目。残り200で抜け出すが、外の勝ち馬の脚が上。

ルメール騎手「3~4角でペースが落ち行きたがっていた」。

6着ホウオウスクラム、トーセンリストの一列後ろで進める。

直線はトーセンの真後ろ。伸び脚あまりなし。

9着ショウナンバニラ、道中最後方。3角最後方、4角は少し上がる。

3~4角を5頭分目で周り、直線は大外の7頭分目。

ちょっとロスがあった。直線の伸び脚はいまいち。

【東京12レース】見。

前4F48・2 後4F49・3 M。

2着ラティーンセイル、向正面ではハナに行きそうな勢い。

でも途中で引いた。インで3番手追走。直線は最内。

なかなか前が開かない。狭い間をこじ開けて残り200で追い出し。

伸び脚はよかった。前にスムーズに出ていたら勝ってたか。

3着ニシノアメイズ、道中中団。4頭分外で追走。

直線は6頭分目。追われて追われて伸びてくる。

和田騎手はテン乗りでつかみ切れていなかったなかでの好走。

4着モリトシラユリ、道中後方。外4頭分目で進む。

直線は8頭分目。伸び脚はジリジリと。人気以上にはやれている。

6着ペイシャキュウ、向正面では中団に行ったが、後退していった。

砂被りを嫌がったか? 直線は10頭分目に出す。

伸び脚はそれなりに見せていたが、前半の後退が響いたのでは?

9着リンガスビンゴ、道中後方。4頭分外で進める。

直線は8頭分目。バテてはいないけど、伸びもイマイチ。

10着ホウオウクリスティ、2番手追走。直線は3頭分目。

残り200までは頑張っていた。前に行く競馬ができたのは収穫。

11着グラマラスライフ、道中後方。外2頭分目で進む。

3~4角も2頭分目で周り、直線は6頭分目。

外にヨレつつ進んだのか、外の馬と接触している。休み明けの分か。

12着タイトロープウィン、道中最後方。3~4角は最内で周り、

直線は最初は最内で進む。そこから急に進路を外に求め10頭分目に。

伸びは見せなかったが、このワープが余計な労力だったのは否めない。