悪癖競走馬研究所

その馬、本当に買って大丈夫? その馬の悪癖はちゃんと知ってる? 悪癖を持つ競走馬を知れば競馬はもっと楽しくなる。月曜日は雑談を書いています

【名古屋】かきつばた記念・回顧【的中!】

無事に的中。少額なんで、ちょっと明日明後日の遊び代を稼げた。

基本、明日明後日の交流重賞はドカンと行くレースではないから十分。

さて回顧です。

1着ラプタス、逃げ切り、競ることもなく終始マイペース。

こういうコース形態ならまず崩れないだろう。同型が出てこない限り強い。

2着ノボバカラ、前半で無理をしなかったのが大きい。

そして名古屋を知る岡部騎手が向正面おしまいくらいで上げていく。

3角でムチが入り、勝ち馬に詰め寄る場面もあったが直線で差は詰められず。

それでも、近走を考えればよく走った。

3着ドリームドルチェ、道中中団、終始イン。3角から上げていく。

こちらも名古屋の騎手。こういう地元の騎手は仕掛けどころを熟知している。

これも自分の競馬はできているし、よく走った。

4着リアンヴェリテ、ハナ争いで負け。外にマイタイザンがいる形で先行。

3~4角で位置取りを悪くし、4角で外に出して流れ込んでくる。

自分の形にならずとも止めなかった点は評価できるが、

4着という数字は力で流れ込んだだけにすぎない。好走とはいえず。

7着アディラート、キョロキョロしているときにゲートが開いて出遅れる。

後方から進み1~2角を大きく回ってしまうロス。

向正面では5頭分外を進んでいた。3~4角もおそらく外目で周っている。

内にいたリアンヴェリテの手応えに大きく見劣る。

直線は伸びず大凡走。こういうポカがある馬だし仕方ないけど運び方もダメ。

10着ラブカンプー、元々スピードはある馬だから前半はついていけたけど

3~4角でいっぱいいっぱい。そのままズルズル後退。

やはり無理があった。少なくとも地方の砂は向いていない。