悪癖競走馬研究所

その馬、本当に買って大丈夫? その馬の悪癖はちゃんと知ってる? 悪癖を持つ競走馬を知れば競馬はもっと楽しくなる。月曜日は雑談を書いています

日曜日の回顧①(2月9日)

【東京8レース】見。

1着フィルムフランセ、前が引っ張る展開を中団最内追走。

4角でも前が空いていたからスムーズに運べた。直線は4頭目分を。

出遅れなかったし、完勝という内容。

7着ウメタロウ、ゲート遅れる。終始4・5頭分外を通る。

直線は10頭分外。直線は伸びてるが色々噛み合わないと難しい。

【東京11レース】見。

2着シャドウディーヴァ、12番枠からすかさず最内に持って行く。

中団後ろで構えて直線向くと、前がガラっと空いていた。

頭目分をそのまま伸びてくる。いいところを通った。距離に対応。

3着クリノガウディー、13番枠から最内に。4番手追走。

直線はインコースピッタリ。先行押し切りを狙ったが。好走。

6着ヴァンドギャルド、出遅れたが中団を取りに行く。最内進む。

直線は4頭目分を進んでいたが、9頭分目外に出す分ロスが生じる。

福永騎手「ゲートは両サイドが牝馬でソワソワしていた」。え!?

9着レッドヴェイロン、3頭分外、中団後方で進める。

直線は8頭分外を進む。前にヴァンドギャルドが入ってくる場面は

あったが大した不利になってない。そもそも弾け具合がいまひとつ。

13着ドーヴァー、向正面で折り合いを欠くシーンあり。

道中後ろから2頭目で4角は最後方に。直線は若干内に切れ込みながら

頭目分あたりを通ってくる。あまり見どころなし。

【東京12レース】馬券ハズレ。

1着ブルスクーロ、フォーリー騎手の逃げ。いいペースで絡まれず。

フォーリー騎手はこういう競馬のほうがいいのでは?

2着馬のココフィーユに最後迫られたが、なんとかしのぎ切った。

3着スイーズドリームス、ちょっと折り合いを欠き気味になっていた。

中団後方、内に一頭。直線は5・6頭分外を伸びてくる。

4着フォッサマグナ、逃げるブルスクーロを追いかける。

引っかかっていた。直線はブルスクーロの真後ろから。伸び脚なく。

2・3着馬に交わされる。この距離でかかるのは困ったもの。

5着カルリーノ、道中後方、3~4角を4頭分外周る。

直線は7頭分外を伸びてくる。今回は大外で損した感じ。

3着馬とともに上がり3Fは最速も。

【小倉11レース】見。

1着カウディーリョ、落ち着きが出たのが大きい。

若干の力みは見せたが楽に逃げる。ペースも5F1分00.6。

最後まで脚色鈍らず、この週からBコースというのも良かった。

+24キロでも前走が-14キロというのを考えれば太くない。

2着ダブルシャープ、スタートから2角まで口向きの悪さを見せる。

折り合いを欠いていた。後方から徐々に上げて行って4角で進出。

ただ4角を5頭分外で回る。直線は7頭分外で力強く伸びる。

ロスもありスムーズではなかったが、とにかく平坦小回りが合う。

10着ドリームソルジャー、道中最後方、ペースがペースで

じっくり構えすぎというのはあった。ただ折り合いはついていた。

ロスなく周ってきて直線は3頭分目を進むが伸びはなく、

下がってきた馬3頭を交わした程度。みどころはなし。