悪癖競走馬研究所

悪癖を持つ競走馬を知れば競馬は少しだけ楽しくなる。予想は少々。当たらなくても文句言うなよ!

【大井の予想も】土曜日の回顧(9月14日)【東京記念SⅠ】

まずは明日大井のメインを予想。

センチュリオン

小久保調教師が「今までで一番」「ここを目標にしていた。力が入る」と。

もちろん書き手の匙加減にもよるだろうが、この人がここまで言い切るのは珍しい。

地方ナンバーワン調教師の「目」と「力」を信頼。

前走は明らかに距離が忙しすぎた。地力を信頼。

相手はヤマノファイト。近走は特に赤岡騎手が上手く操縦している感じ。

以下は、ストライクイーグル、シュテルングランツ、サブノクロヒョウ

意外と前日オッズではセンチュリオンからでもついてる。もろ被りかと思ったが。

では土曜日の回顧。

阪神2レース】

先週から始めた2歳予想。それは東スポ調教採点法が基になっている。

だからあまり深く考えていないし、これで文字数をとるのは止めたい。

とはいえ、前走1・5秒差7着の馬が8馬身差で勝つんだから、難しい。

採点「5」の3頭はきっちり馬券外へ。

阪神9レース】

マイラプソディ楽勝。課題はスタートですね。

ここは東スポ関係なく。キーファーズと武豊騎手の関係性で。

日曜日も勝ってたし、先週も勝ってたし、かなり勝負になる組み合わせ。

ちなみに松島氏(キーファーズ)と木梨憲武とんねるず)と武豊は仲良し。

先々楽しみな馬。3着のエキサイター、ラストしぶとく頑張った!

阪神10レース】

ラミエル、6着。とはいえ、コンマ1差。

突き抜ける脚がなかったといえばそれまでだけど、直線窮屈といえば窮屈で。

松山騎手は「道中忙しかった」と。もう少し後ろからでも競馬はできそう。

阪神11レース】

スワーヴアラミス、楽勝。ゲートで若干遅れる。キョロキョロしてた。

でも狡さ出さずに走れば結果出る。頭数も少なかったしレースしやすかった。

ピットボス、4着。15か月振りを考えれば上々。

ハナに立つと気の悪さを出すそう。一瞬2着あるか?と思ったが。次走以降も注意。

【中山11レース】

ブレステイキング、1着。プリンシパルS2着、セントライト記念4着。

器はそもそもオープンクラス。まあ順当勝ちといった感。

ヴァンケドミンゴ、3着。折り合いがついて終いも切れた。3歳馬。成長だろう。

サンティール、4着。ロスなく回って直線も外に出せて2着馬、3着馬に切れ負け。

これがこの馬のスタイル(限界)かな。。。やはりワンパンチ足らない。